忍者ブログ
毎度毎度グダグダブログです。 コメントする時は本文に「涼風」と入れて下さい。
[306] [305] [304] [303] [301] [302] [300] [299] [298] [297] [296]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、タイ・カンボジアに児童労働の現状を見に行ったFさんに話を聞いた。


タイとミャンマーの国境付近のビルマ難民キャンプでのこと。
今でも内戦が続いてるミャンマーから川を渡って難民がタイへ逃げてくる。
国境の川には一応銃を持った軍人(しかもまだ子供)が見張っているらしいが、見て見ぬ振りしているらしい。
難民だからタイから食料支援されるが、それを目的にいろんな人が、つまり難民でもない人が集まってくるらしい。
働かなくても食料が手に入るからだ。
そこで商売をする人たちもいて、難民キャンプとは思えないくらい普通の町並みという。
そして難民もタダで食べれるのをいいことに働かないらしい。
しかし、一応難民として匿われているので、難民キャンプから出ることはできない。
第三国定住が始まっているらしいがほんの数人だろう。
そこでは畑さえ作ることも許されていない。
いつかはミャンマーへ帰るにしても内戦の続くミャンマーへ帰ることはいつのことかわからない。
日本人ジャーナリスト長井健司さんが反政府デモで命を落としたのは記憶に新しい。
子供達も外へ出たくても出れないし、満足な教育も仕事もできない。
大人達はここから出なければ楽して食べることは確保できるので、家の中でゴロゴロし、歩いているのは老人と子供だけだという。
他国の支援もこの現状に支援を渋っている国が出てきている。
日本もただの支援じゃなく、タイにお金を貸すという形にしようとしているという。


この話を聞いて難民のイメージが覆させられた。
難民を囲うなら他の人を入れるべきじゃないし、難民自体も自分達で何とかしようとするべきだと思う。
前に剛がジャパニーズアメリカンで第二次世界大戦の際にアメリカで収容所に入れられたが、その時は政府と掛け合う人がいて、自分達で畑を作り、収容所を住み易い場所にしようと努力していた。
それは物語として美化していたものかもしれないが、難民が一丸となって政府に働きかけることはできないだろうか?
未来を変えるには政府を変えなければ何も始まらない。
見て見ぬ振りの政府をどうにかしなければ、子供達の将来もない。
結局は政府が、大人達の意識が変わらない限り、支援は堕落させるだけものとなり意味をなさなくなる。
しかるべき教育を子供だけでなく、大人にもさせるべきだと思う。
いろんなボランティア団体も政府の許可なく教えることはできない。
結局は政府が変わらない限り何もできないのだ。
私は何もしてないけど、何だかとってもやり切れない気分だ。
元々は難民を出してしまうミャンマーに問題があるのだけど・・・
参考:シャンティ国際ボランティア会


貧富の差が大きいタイにも街中に労働している子供を見ることはあるが、タイ自体は大都市で、カンボジアはもっとひどいという。
未だ地雷がそこかしこにあるカンボジアでは農業が中心。
農業自体も地雷がどこに埋まっているかわからない為、どこにでも畑を作れる訳ではない。
地雷はポル・ポト派が逃げる際にどこに埋まっているかわからないように、あちこちに地雷を埋めて逃げたらしく、埋まっている場所は誰にもわからない。
1つの地雷除去に何百万とかかるそうで、地雷除去は遅々として進んでいない。
貧困からストリートチルドレンがあふれ、売春や人身売買が横行しているカンボジア。
そういった子供達を誘拐し、薬漬けにして売春させるそうだ。
これはどこかのHPで読んだ話だけど、お金を落とし、助けを求めた警官によって売春宿に売られ、以来そこで売春を続けるしかなかった人もいる。
拷問され、逃げ出すことができなかったからだ。
そういった子供達を集め、教育をし、自立支援をしているC-Rights
アフェシップ・フェア・ファッションは被害にあった女の子達が作った会社で洋服を作っている。
まさに自立支援施設。保育室もあり、安心して職業訓練や仕事ができる環境にある。
BOC子供養育センターでは孤児にいろんな教育を施している。
どこに行っても子供の笑顔がすばらしく、未来に希望を抱いているという。


私たちは恵まれた環境にいながら、自分のことばっかり考え、不満を抱き、愚痴を言いながら暮らしている。
生きたくても生きられない子、学びたくても学べない子がこんなに多くいるというのに・・・
今、私たちにできることは何か。
せめて病気にかかることない、衛生的なまともな暮らしをさせてあげたい。
生きること。
自分は生きているんだと感じさせてあげたい。
何もできないかもしれない。でもそう思う。
小さなことかもしれないけど、それが世界平和へとつながると思うから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[01/31 涼風]
[01/31 すだち]
[09/10 涼風]
[09/10 すだち]
[08/03 涼風]
[08/03 メイ]
[07/31 涼風]
[07/31 すだち]
[06/07 涼風]
[06/06 すだち]
おすすめショップ

コンテンツマッチ広告のブレイナー


アマゾンでSMAP








プロフィール
HN:
涼風(すずかぜ)
性別:
女性
職業:
派遣社員
趣味:
幸せグッズを集めること
自己紹介:
ようこそ~ここへ~って光ゲンジか!
わかる人は同年代かもね!

詳細プロフィールはこちら。
プロフィール


メールはこちらへ
涼風へメールする
ブログ内検索
バーコード
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.